子育ては、馬の手綱に例えられることがあります。『子どもが小さいうちは手綱を短く持ちしっかり「手」をかけ、大きくなるとともに少しずつ手綱を緩めて「目」をかける。しかし、その手綱は決して離してはいけない。』

 体は大きくなっても、子どもは子ども。家庭・地域・社会の「手」と「目」が必要だと思います。

         
   新着情報
 
活動報告をアップしました。  詳細≫ NEW !!
 
平成27年9月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成27年6月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成27年3月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成26年9月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成26年6月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
新自由クラブ議会通信」をアップしました  詳細≫
 
平成26年3月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成25年12月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
 
平成25年9月本会議 一般質問をアップしました  詳細≫
     
     
   

 

 

 

         

 

 

 

 
※みなさまからお寄せいただいたメールはすべて倉田明子本人が読ませていただきます。
件数が多い場合など個別にお返事を差し上げることが出来ない場合がありますのでご了承ください。

 

supported by craft-cube